うつ病に関する情報サイト

うつ病と生活

妊娠してからうつ病になる

妊娠してからうつ病になる 妊娠中や出産後に女性は特にうつ病を発症しやすいと言われています。実際に産後うつは10人に1人が発症する誰もがなりうる身近な病気です。 なお、その原因にはホルモンバランスの急激な変化が影響していると言われています。これは、女性ホルモンの大きな変化は脳のストレスに耐える抵抗力を低下させてしまうためです。その結果、本来であれば耐えられたストレスをうまく処理できず、ものごとを悪くとらえる傾向が強く出てうつ病を発症してしまうリスクが上がると言われています。 また、妊娠中の身体の変化や戸惑い、育児への不安、また出産による疲労や睡眠不足、生活環境の変化などストレス自体もこの時期は増えやすい点には注意が必要です。その際には、赤ちゃんにつきっきりになり人との交流が減ったり外出を控えることで感じる孤独感もうつ病の要因になりうる部分です。 お母さんになるのだからと無理をせず、辛い時や不安を感じたときにはパートナーや家族、通院中の産婦人科や保健センターに早めに相談するようにしましょう。

うつ病になると泣くことが多くなる?

うつ病になると泣くことが多くなる? 心の風といわれているうつ病は、10人に1人は掛かるといわれています。ストレスの多い現代ですので誰がかかってもおかしくないといわれているこの精神的な病には、どんな症状がみられるのでしょうか?症状には個人差がありますが、やはり精神的に不安定になるというのが特徴です。よく「うつ病になってから泣くことが多くなった」といわれますが、これは情緒不安定になり、誰かか言われてちょっとしたことで傷ついてしまったり気に障るからです。また、次の日のことを考えすぎたり、仕事で自分が失敗するのではないか?といった不安な気持ちから泣くこともあります。では、そんな時にどうすればよいでのしょうか?それは一人で悩んだり引きこもったりするのではなく、周りの助けを得ることです。家族と一緒に同居されているのであれば、不安な気持ちを口にして聞いてもらうことである程度気持ちが落ち着きます。加えて医療機関を受診することも重要でしょう。